みんなのおすすめのブックス|最近読んだ本の感想集!

「夢を叶えるゾウ」シリーズは全て読破しています。私が特にお気に入りなのは「3」です。初の女性主人公なので、私自身ともリンクできました。5年間彼氏無しで、独身OLという境遇も同じ。彼氏が欲しいとか、稼ぎがあったらなぁ。など夢見がちな性格も似たようなものです。おまけに神頼みだったり、占いで答えを見つけよ...

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 」を読んでみて、この作品の奥深さを感じずにはいられませんでした。シリーズ第6弾となるこの小説は、読者が思わず心動かされてしまう感動的なシーンばかりです。この作品の大きな謎となっていた牧之原翔子がいったいどんな存在なのか、この作品はその真実にかなり迫っています...

これは、ロシアの女帝の伝記です。エカテリーナはドイツの小貴族の出身で、ピョートル3世の夫人だったのですが、ロシア皇帝になれたのはなぜなんだろうと思っていたんですよね。日本では万世一系とかいって(古い言葉だなあ)、王室ってずっと親代々続いているものだと思うじゃないですか、でもヨーロッパの王室を見るとそ...

この本は昨年アニメ放送されたのをやっと最近レンタルして見て面白かったので、その時のキャラの様子や心情を文字で詳しく見てみたいと思って購入して読んでいます。アニメもたいがいグロかったのですが、各生徒の死の瞬間のシーンが擬音語や擬声語でリアルに描かれており、怖いしある意味すごいと感じさせられます。グロさ...

この本の作者の小路幸也さんの書かれる物語が好きでずっと読み続けています。このお話は、作家を目指す青年の恋のお話。実際にその青年が経験したことを物語風にして、脚色も加えて書かれたものという設定です。作家を目指す青年が恋した踊り子の命を救うためにまわりの人たちからの協力を得て前に進んでいく姿は読み手に元...

ひすいこたろうさんの書いた「あした死ぬかもよ?」、タイトルと同じくらい表紙の絵が気になって書店で手に取ってしまいました。その場でパラパラとページをめくってみると、小さい文字がぎっしりの難しい感じの文章ではなかったことと、目に飛び込んできた「はい。あなたはたったいま死にました。」、というインパクトのあ...

この本を読んだ感想ですが、いかに私の文章がまだまだということに気づかされました。やっぱり、プロの書く文章、思考って全然違うので、ためになる勉強になることばかりだったのです。私は同じ言葉を繰り返していたり、言い回しが下手だったので、「文章力が身につく本」を読ませてもらったことで、文章の構成、言い回し、...

今まで会社に勤めて働くのが主流でしたので自分もその考えを信じていました。しかしフリーエージェント社会の到来 雇われない生き方は何を変えるかという本を読んで今まで考えた事がなかった働き方の存在を知りました。そこで感じた事をいくつか挙げていきます。肩書きを気にするのが馬鹿馬鹿しいと感じるようになった会社...

読まなくなった本は早めに古本買取店に売りましょう!

本は発売日から日が経つにつれて本自体の価値が下がってきます。

読み終わった本を本棚に入れて保管するのはいいですが、また読む可能性が低い場合は早めに処分した方が、次に購入する本の資金にできるのでおすすめです。

古本買取店の参考になるサイト
古本買取店を25社徹底比較|おすすめ買取店を全部利用してみた!

買取店によってですが、「発売日から一ヶ月以内なら定価の○○%で買取り!」などあるので、発売日から日数が経っていない本は早めに売ると高く売れますよ!